インフルエンザ検査の豆知識の5月記事一覧

インフルエンザウイルスの増殖スピード

インフルエンザウイルスの増殖スピードは大変早く、1つのインフルエンザウィルスが体に入ってくると8時間後には100個、24時間後には何と100万個にまで増殖します。その為感染してから症状が出てくるまでの期間が短く、最短で16時間、平均して2~3日で症状がでてくるようになります。
鼻水やくしゃみなどといった通常の風邪の症状の他に急な発熱、頭痛や腰痛、筋肉痛を伴う事もあります。症状が出始めてから48時間以内に治療薬を飲めば状態が進むのを防ぐ事ができるので、早目に医療機関を受診して検査を受ける必要があります。
インフルエンザの検査は喉や鼻などを綿棒でぬぐって液を採取し行ないます。検査に痛みはなく、結果は8~15分で判明します。インフルエンザと診断されれば薬が処方されます。
インフルエンザが怖いのは高熱を発するため意識障害やけいれんを伴うインフルエンザ脳症を起こす場合があることです。特に子供に多く発症し、早期に治療を受けないと死亡する事があるほか20~30%の割合で脳に後遺症が残ります。
また他に重篤な合併症として肺炎があります。インフルエンザにかかると肺の気道の細胞がダメージを受けるため免疫力が落ち、肺に病原菌が入りやすくなります。その為肺炎を起こす人がでてくるのです。特に高齢者に起こりやすく注意が必要です。
このような合併症を防ぐためにも症状が出てきたら早目に医療機関を受診して検査を受け、症状が悪化するのを防ぐ事が大切です。またインフルエンザ予防のためにあらかじめ予防接種を受けておくのも有効です。高齢者や病人がいる家庭では感染を防ぐために予防しておくことや症状を悪化させず感染を防ぐ事が大切です。

インフルエンザに多い合併症

寒い時期になると、風邪を引いたり、流行するとインフルエンザに罹ってしまうこともあります。普通の風邪とは違い、インフルエンザはかなり症状が重く出ることもあるので、違和感があってわかりやすいこともあるでしょう。38℃以上の高熱が出たり、体のいろいろなところに痛みを感じたりします。筋肉痛や関節痛などが酷く、夜も眠れないくらい大変なこともあります。また、倦怠感もかなりあるものなのです。
そういったインフルエンザの症状にさらに合併症になってしまうと、かなり大変であり、中には命を落とす場合もあります。特に高齢者の場合では、免疫力や体力の面からも注意が必要です。
合併症としては、中耳炎、気管支炎、肺炎などがありますが、年齢層などによっても症状が異なり、特徴があります。それについて触れてみましょう。
0~5歳児くらいの乳幼児では脳症や脳炎などになる可能性があります。乳幼児の脳症は過剰な免疫反応が原因と考えられています。子供や若者では、悪寒、筋肉痛、関節痛などから、気管支炎、肺炎のような呼吸器感染症の合併症が見られることもあります。
高齢者では、免疫力が低下しているため、重症な気管支炎、肺炎になってしまうこともあります。死に至ることもあるので、インフルエンザの予防接種に関して、接種を推進するような動きがあるのです。
それでも罹ってしまったかも知れないときには、検査を医療機関で受けるようにすることをおすすめします。簡易キットによる検査なのでそれほど肉体的な負担もかからないので、しっかりと判定してもらい、早期の治療が大切になるのです。
まずは、医療機関に出向くようにするといいでしょう。検査時間もそれほどかからないのです。