季節性インフルエンザは光クリエールで感染予防

一般的に人間の身体は一度感染したウイルスには免疫がつきますので、同じ感染症に何度もかかる事はありません。しかしインフルエンザウイルスには様々な型や株が存在するので、異なる型での感染者が増加すると、インフルエンザは毎年のように流行してしまいます。
インフルエンザは季節性と新型が存在していて、季節性は毎年、空気が乾燥してウイルスの活動が活発になる冬を中心に流行します。何度も繰り返し流行しているため、多くの人はすでに免疫を持っています。そのため、ウイルスに感染しても比較的症状が軽く、安静にしていれば数日で自然治癒する場合が多いのが特徴です。
季節性と違い、新型は新しく現れた型のインフルエンザウイルスが原因で起きるため、ほとんどの人が免疫を持っていません。そのため一部の地域に限らず、世界中に広まって大流行を起こす場合があります。感染するとウイルスに対する抵抗力がないため、重症化して肺炎を併発したり、全身にウイルスが回り命を落とす危険性もあるので注意が必要です。症状には季節性と同じものに加え、下痢や嘔吐、腹痛といった消化器官への影響や、鼻や歯肉からの出血が見られる場合があります。
インフルエンザを防ぐには、ウイルスに感染しない事が重要です。ウイルスの感染経路の一つに空気感染があり、空気中に漂うウイルスが体内に侵入する事で感染します。
部屋でのウイルス除去には、高機能の空気清浄機として知られる光クリエールがおすすめです。ダイキン工業が販売する光クリエールは、大風量による高速清浄機能やストリーマ放電による空気洗浄機能などが搭載され、空気中のほこりや細菌、ウイルス除去に役立ちます。加湿機能を備えた光クリエールは、部屋の湿度を上げてウイルスが浮遊するのを防ぎ、のどや鼻を保護する効果もあります。